2017.01.  12345678910111213141516171819202122232425262728 2017.03.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
マナの花/習得上位

マナの花から出るマナ・○○使用で習得出来る上位技能について。

どうもTwitterのTLで情報は流れていくんですが
それを拾いきれていないようなので置いておきます。
自分とこ用のメモ書きだったけど公開しといたほうがいいかなと思って。
ここから転載とかはご自由にどうぞ。
(wikiいじったりする余力と気は無い)
ただし、残念ながら原文は手元にありません。悪しからず。


・マナ・ハイビスカス  :上位技能『障壁』 
 LV5で、DEF/MDEF/EVA/MEVA増加

・マナ・サルビア    :上位技能『躍動』 
 LV5で、AT/MAT増加。

・マナ・プルメリア   :上位技能『神癒』
 LV5で、毎ターンの開始時にHP/SPが回復。

・マナ・グラジオラス  :上位技能『鏡月』
 LV5で、攻撃を受けた際に一定確率で反射が付加。

・マナ・フリージア   :上位技能『甦生』
 LV5で、戦闘離脱時に一度だけ、MHPが大きく増加し、HPも大きく回復。

・マナ・アルストロメリア:上位技能『照破』 
 LV5で、自分の使用する技によるHP回復効果が強化。

・マナ・アネモネ    :上位技能『撃攘』
 LV5で、戦闘中のHIT/MHIT/CRI/MCRIが増加。

・マナ・ローズ     :上位技能『颶風』
 LV5で、戦闘中のSPDが増加。


-----------------------------------
一応、原文とか置いておきますね。
躍動も「戦闘中の」と付いてるのかな?


マナ・ローズ を使用しました!
 上位技能 颶風 を修得しました!

マナにより得られる技能です。LV5以上にすることで、戦闘中のSPDが増加します。LV5より上げても何も変化しません。

-----------------------------------
マナ・アネモネ を使用しました!
 上位技能 撃攘 を修得しました!

マナにより得られる技能です。LV5以上にすることで、戦闘中のHIT/MHIT/CRI/MCRIが増加します。LV5より上げても何も変化しません。

スポンサーサイト

( 2011.05.21 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:1 )
探索55日目

送信を押したら〆切られたとかそういう……ええ。
二日延期でこのザマだけどまぁ、地味に色々あったのさ。

しかしひさしぶりの更新がこれとか駄目すぎる。
でもこれお蔵入りすると日記再開しづらいので置いておくのでぃす……。
日記もろくにこなせてないとロール面のテンションがgdgdのまま抜け出せそうにないことにようやく気付いたわけだよ(……)
やはり僕の基本は自己満足から、のようだ。


( 2010.12.10 ) ( 日記ログ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
SummerVacation/37回雑記



\サマーシーズン到来!/(©ジルコさん)
ということでとりあえず切り抜き前を置いときます。
水面とかちょうテキトーすぎたが、描き方よくわからんねん……orz
水着は若干わかりにくいけどショートパンツスタイルです。
夏だからといって思い切ったりしないセレクト(…)

昼の部はフレグランスくんに遠乗りして遊んでましたとさ∈(・ω・)∋
じゅじゅさんありがとうございましたっ 
眼福すぎる……なにあのかわいいの。



( 2010.07.31 ) ( 雑記/イラスト有 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
探索37日目

フェフさんと、アムの顔合わせは剣呑なこともなく、穏やかに済んだ。
……勿論、そういった緊張が走りはしたけれど。
刃を合わせ……ろくでもない目にあった間柄だ。しこりが無いわけでもないはずだ。
けれどフェフさんはそういった感情を叩き付けるよりも、受け流すというか……呑み込んでいるようで。
烈火のような人かと思っていたけれど、決して手では掴めない火のような人なのかもしれない。

彼らとの間にどのような戦いがあったかは、聞いていない。
おそらく、酷いものだったのだろう。デタラメな魔物と、デタラメな戦闘力のぶつかり合いだ。
そしてそれは現在へと影響を残している。

修道院跡に戻ると、アルテイシアさんが忙しそうに片付けをしていた。
心なしか表情が、硬い。表情豊かな方ではないけれど、それでもなにかどこか……ひっかかるものがあった。
けれど、フェフさんの「ただいま」という声に彼女は───
私たちは、無言で席を外した。久しぶりの再会を邪魔するような野暮はしたくはない。


( 2010.07.31 ) ( 日記ログ/3期偽島 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
探索36日目


衝動と高揚と強い虚脱感。

新たな転身は以前のものよりやはり、体力/気力を消耗するようだった。
今までなかったものがあるせいで振り回されてバランス取りが上手くいかずに空振りしているし
アムとの意志疎通もまだスムーズにはいっていなくてズレが生じて動作がギクシャクしてしまっている。
おかげで無駄に消耗してしまっているというのは否めない。
これもまぁ、慣れていくしかないのだろうか……。

ひとつの身体に、ふたつの魂。
七鳴葬甲にそんなキャパが用意されていたなんてまるで知らなかったけれど
こういう使い方も想定していた、ということなんだろうか。

「仕様を読めばわかるだろうそれぐらい。」

……すいません、熟読したけど気付いてませんでした……。
なんかそういう意味でもサポートつけられてるのかな……なんか情けなくなってきた。


( 2010.07.31 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。